育毛に効果的な栄養と食事

育毛に効果的な栄養と食事について

 

育毛,効果,栄養,食事

 

薄毛や抜け毛の悩みがある方は、早めに育毛に取り組む必要があります。そして、育毛するには頭皮に直接かける育毛剤を使用する以外にも、サプリメントや食事から育毛に必要な栄養素を摂取することも大切になります。そこで、育毛に効果的な栄養と食事について紹介してみます。

育毛に必要な栄養サプリの選び方

 

育毛,効果,栄養,食事

 

薄毛の対策を行うには、身体の内側から対策をする事も大切で、食事内容を見直す事も大切です。しかし、育毛に必要な栄養素の中には、食事だけでは摂りにくいものもあります。普段の食事に気を付けながら育毛サプリメントを併用して摂る事によって、より効果的にフサフサの髪の毛を育てられます。

 

育毛サプリメントを選ぶ時は、髪の毛に良いとされる栄養素を選ぶのがもちろんではありますが、普段の食事では不足しがちだったり、食事では摂りにくい栄養素が含まれているものを選びます。

 

髪の毛に必要な栄養素を選ぶ

髪の毛に必要な栄養素にはたんぱく質とビタミンがあります。髪の毛はケラチンというタンパク質で出来ています。そして、ビタミンはケラチンを構成するのに大切で、細胞の活性化と頭皮の乾燥予防、脱毛抑制等の育毛には嬉しい効果が沢山あります。なので、意識をしてタンパク質と一緒に摂るようにします。

 

牡蠣やレバー等には、髪の毛の成長に必須の亜鉛やミネラルが多く含まれていますが、食事だけでは不足しがちになります。他に摂ると良い栄養素には、大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンは、豆腐や納豆等に多く含まれていて、育毛に役立つ栄養素です。

 

サプリメントを選ぶ際の注意点

サプリメントを選ぶ時は、余計な添加物が入っていないものを選ぶ必要があり、成分表示をチェックして選ぶようにします。商品によっては、配合されている栄養素が異なるので、バランス良く配合されているものがお勧めです。

亜鉛サプリで育毛するには

 

育毛,効果,栄養,食事

 

亜鉛が不足すると、発毛や髪が育たなくなり抜け毛も増えやすくなります。亜鉛は、髪を育てるのに必須の栄養素で、育毛栄養素と呼ばれています。また、ビタミンやミネラルと一緒に摂取すると吸収率が高まります。しかし、育毛サプリには亜鉛やビタミン群、タンパク質が配合されていません。

 

そこで、亜鉛サプリを飲むとバランスの悪い食事でも、手軽に髪の栄養補給が行えるので育毛に効果的です。

 

亜鉛サプリを飲むときの注意点

亜鉛サプリを飲むときの注意点は、空腹時を避けて食後1時間以内に飲むようにします。また、朝・昼・夜と分けて飲む事も効果的ですが、亜鉛サプリの1日の摂取量上限は100ミリグラムになっているので注意が必要です。

 

空腹時は避けて1度に大量に飲まないようにする理由は、亜鉛は胃の不快感が強烈であるためです。

 

亜鉛サプリの選び方

亜鉛サプリの選び方は、キレート加工がされているものにすると亜鉛の吸収率を高められます。調整して飲みやすい容量にして、本気で育毛に取り組む場合はノコギリヤシやフィーバーフュー等の脱毛の原因を抑制する成分が配合されているものを選びます。

 

脱毛の原因を抑制する成分が入っているサプリメントには、ビタミンやミネラルが含まれています。しかし、亜鉛サプリだけでは摂取出来ないので、それらと一緒に摂取をするように意識をします。

イソフラボンの育毛効果

 

育毛,効果,栄養,食事

 

イソフラボンとは、マメ科の植物に多く含まれている植物ポリフェノールの事で、特に大豆に多く含まれています。イソフラボンには、「女性ホルモン様作用」といる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるので、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制してくれます。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、脱毛ホルモンのDHTに変換される事で脱毛に繋がります。イソフラボンを摂取してテストステロンの過剰な分泌を抑えていれば、脱毛ホルモンであるDHTが減ります。そして、結果的に脱毛の抑制に繋がります。

 

また、女性ホルモンのような作用があるイソフラボンは、ハリとコシのある丈夫で瑞々しい艶のある髪にしてくれます。

 

イソフラボンの摂取量の目安

大豆製品は種類が沢山ありますが、毎日の食事から摂取するのが難しい場合には、サプリメントから摂取すると良いです。サプリメントでイソフラボンを摂取をする場合には、過剰摂取にならないように気を付ける必要があります。

 

摂取量の目安は、日常生活を考慮すると1日当たり30mgまでで、安全な上限摂取量の目安は75mgです。納豆1パックには65mgで豆腐半丁には55mgで、味噌汁1杯には7.2mgが入っています。育毛をするのに、大豆に含まれるイソフラボンは非常に魅力的です。

 

大豆には、髪の材料になる植物性たんぱく質が豊富に含まれ、毛細血管を太くするピオチンというビタミンも多く含まれているので髪にとても良いとされています。

育毛の栄養補給に良い食事

 

育毛,効果,栄養,食事

 

育毛の為の栄養補給に良い食品は、良質なたんぱく質を摂取するのが良いと言われており、それに最適とされているのが畑のお肉と呼ばれている大豆です。大豆は、味噌や豆腐、納豆など、保存が効いて毎日でも食べやすい特徴があり、脂の摂り過ぎの心配がありません。

 

また、栄養素の吸収率も良く優秀な食材です。大豆には女性ホルモンの働きに似た大豆イソフラボンが入っているため、男性ホルモンの分泌を防ぐ働きがあります。それにより、ホルモンバランスを整えて、抜け毛も防いでくれます。

 

タンパク質の育毛効果を高めるには

たんぱく質を食べたら、効果を高めるためにはビタミンが必要になります。最初に摂取するビタミンはビタミンAで、皮膚や髪の毛の健康には欠かせない栄養です。ビタミンAが多く含まれているのは、人参やカボチャ、ほうれん草等の緑黄色野菜です。

 

ビタミンAは熱に弱い性質があるので、サラダとして生のまま食べると効率が良くなります。野菜を加熱して食べる場合には、脂に溶けやすい性質があるため油で炒めると大丈夫です。ビタミンB群はアミノ酸の代謝に不可欠で、血液を作るのにも必要な栄養素です。

 

ビタミンB6を多く含んでいるのは、青魚と言われるマグロやカツオ、アジ、サバ等です。魚は大豆に劣らない高たんぱくで消化も良いため、育毛にとても最適な食べ物です。ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くして、髪の黒い色素を作るのに欠かせません。しかし、体内に溜まらないため、毎日摂取する必要があります。

腸内から育毛環境を作る食事法

 

育毛,効果,栄養,食事

 

人間の体内には活性酸素があります。活性酸素は攻撃力が強く、体内に入ってきたウイルスや細菌等をやっつけてくれる役目があります。しかし、活性酸素が必要以上に発生すると、健康な細胞まで攻撃してしまいます。これが、老化現象の原因になる事もあります。

 

また、頭皮や毛根は、人間の身体の中でも特に老化しやすい組織になっています。活性酸素が頭皮を攻撃すると、頭皮を流れる毛細血管が細くなり、血行が上手く流れなくなります。そうすると、血行不良により毛根に栄養が届かなくなり、元気な髪の毛が生えてこなくなります。

 

育毛には腸内環境を改善する必要がある

人間の腸内環境には、活性酸素を消す強力な抗酸化力がある事が分かっています。腸内環境を活性化させて抗酸化力が高まると、頭皮の活性酸素が減少し、抜け毛や薄毛の防止・改善に期待出来ます。腸内細菌である乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やす食べ物には、下記の種類があります。

 

  • 海藻
  • 大豆
  • 玄米
  • きのこ類
  • 青魚
  • こんにゃく
  • あらげきくらげ
  • 寒天
  • 干しわらび
  • えごのり
  • 黄な粉
  • ゴボウ
  • たまねぎ
  • ニンニク

 

腸内が育毛環境に整えられると

食事内容を腸内細菌が増える食材に変えると、徐々に薄毛が改善されていきます。食べ物で薄毛や抜け毛の改善を行うので、1週間以内といった即効性があるものではないです。しかし、腸内環境を整えることは、身体の他の部分の改善にも繋がります。

 

実際には、薄毛が解消されただけではなく、ダイエットが出来たり血糖値が下がったり等の健康に良い症例があります。

シムフォート炭酸シャンプーの購入はこちら!口コミ評判・効果も掲載トップページへ髪の毛のべたつきがコンプレックスの方、頭皮のフケ・かゆみ・乾燥が気になる方は、トップページでシムフォート炭酸シャンプーの詳細をチェックしてみてください。